So-net無料ブログ作成
検索選択

今回も御世話になりました。 [玩具・改造]

途中経過も紹介しないまま
もうすでに今回のドールショーは
終わってしまったのでした…。

次回のは、もう少し作業途中とか
載せていきたいなぁ、とは思っているのですが
作業に夢中になると、その事しか考えなくなっちゃうんですよねぇ…
イヤハヤ何とも…

さてと、今回の写真
毎回御世話になっている、福戌様に撮ってもらったものです。

いつも本当に有難う御座います。

O01.jpg
O02.jpg
O03.jpg

次回も頑張りますっ!

ここまで来ました。 [玩具・改造]

今回は「肌」のテクスチャーにもチャレンジしております。
上手く行くかどうかは全くの未知なる世界…。

さて、予定ではこの後「型取り」へ進む予定。
そこで「肌」の出来具合がハッキリするはず…

多分…

do_02.jpg
do_01.jpg

どうなんでしょう?… [玩具・改造]

前回の状態から、割と進んだ感じ?

その間、ブログ更新してないしね(汗)。

この写真撮ったのは1週間くらい前なので
現在はも少し進んでます。

さぁ、問題は「モデル」さんに
似ているのか、いないのか…
そして予定通りの日程に
間に合わす事が出来るのかっ!!

うーむ。
HI3G02.jpg

さてと… [玩具・改造]

とりあえず次回、
出品予定のヘッドに取り掛かりました。

さて
間に合うように作れるのでしょうか?

そして「誰」なのか
分かる出来のヘッドになるのでしょうか?

あ、そうです
また「モデル有り」のヘッドです…

test.jpg

参加させて頂きましたっ! [玩具・改造]

先日「C.F.A.F. in DOLLSHOW34」と言う催しに参加させて頂きました!

色々な1/6サイズのカスタムがメインの催しで、
私は今回で3回目の参加なんですけど、
実は、出品する際には毎回スンゴく緊張します(汗

皆さん凄いんですよ!
私はいつも「代理出展」をお願いする身ですので
毎回、その現場で直に作品を見る事が出来ませんが、
ブログ等で当日のレビューを見させて頂くと、
カスタムに関しての技術は勿論の事、
発想の豊かさにも感動しっぱなしで…

そんな方々の催しに
私みたいな「ひよっこ」も混ぜていただけるなんて、
その心の大きさにも感動致しますですよ…。

次回は9月に開催の予定で
出来ればまた参加したいと思っているんですが
何分にも、作業が遅いんですよ…、オイラの…。
今回のカスタムヘッドを作るのに「半年」ほど掛かってますからね…
同じペースだと9月は間に合わないんですよ、
でも「コレを作りたい」ってテーマはあるのでね、
今回よりは早く作れるかなぁ…?

とりあえず出来る限り早めに作業に取り掛かって
間に合うように頑張るっス!

まぁ、何で参加に拘るかと言うと、
その「1/6カスタム」が非常に楽しいんですな。
で、参加する事で勉強にもなるし
何よりモチベーションが上がるんですよ!
先に書いた通り、「緊張」もするんですけどね…
でも、それも「妥協点」を上げる事にも繋がるし。

あぁ、例によって何書いてるのか
自分でも良く分かんなくなってきた(爆

そんな感じのフィギュアですが
見ていってやって下さいまし…。

あ、ちなみにカスタムしたのは「ヘッド」になります。
素体等に関してなんですが
催し当日の物から変えてあります。
実は当初の予定だと、この写真のものでしたが
その発売が間に合いませんでしたので(涙
(発売予定が変わったようで…)
何とか我家にある素体等で出品しました。
で、その素体等がやっと発売になりましたので
現在は差換えてあると、そんなわけで御座いました。

長い前置きで、写真は1枚なんだよね…(馬鹿

後で、も少し載せときます
Thank.jpg

7-mimo [玩具・改造]

以前から気になっていた「7-mimo」と言うのを購入。
ただ、自分の勝手な思い込みで、1/6と勘違い!

まぁ、そのうち使い道もあるかも…

01.jpg

続きを読む


「夢」だよねぇ… [玩具・改造]

どこで見たのか忘れましたが、
(確かオークションだったかなぁ?…)
1/6に良い感じの「金塊」です。

何日か前にそれを思い出して通販を探し発見!

しかも何を思ったか1袋に300個くらい入ったのを購入。
別に1袋も買わなくたって良いのに…とも思いましたが

この「金塊」でイッパイの風呂に入るって、やってみたかったんだよね…

あ、もちろん1/6と言う「架空」の中でって事ですからね。
DSC00145.jpg

とんでもなくお久しぶりな、わたくし… [玩具・改造]

まぁ、何と言いましょうか
ずーっとほったらかしにしてしまいましたねぇ…このブログ

色々と訳がありましてねぇ…
長く体調不良が続いていたり
昨年に至っては「東日本大震災」だなんて
とんでもないのが起きたりして…

その被災地に住んでおりますです。

何かね、その辺の事も書こうかなと思って
色々と書いてみたんですけど、
全部消しました(^^;

みんな知ってると思ったから
「頑張ってる」って事実も、「頑張ってね」って思いも

余計な事は書かない方が良いと思った。
まぁ、まとまった文章が書けないってのが一番の理由ですけどW

さ、そんなわけで
何だかんだの日々でございましたが
そんな中、1/6ドール?フィギュアカスタマイズにハマっておりました。
と言うか、「おります」な進行形であります!

ドールのカスタマイズもチョコチョコやってはおりますが
まだ「作業中」が殆どなので
とりあえず、今回は「ドールハウスのお手軽作成方」なんてのをひとつ…。
ご紹介してみようかなぁ~なんて…
そんな「~方」なんてちゃんとしたもんじゃ無いですけどね…。

まず「ミニ食器棚
なんと言いましてもコレがベースとなります。
いわゆる「DIY」を簡単にするって事なんですが
自分の希望するサイズを探すのが割と苦労所かもしれません、
あと色とかかなぁ…

次に「カッティングシート」
これは自分の趣味に合わせるか、予算にあわせるかぐらいの違いかな?
使っても良いし、使わなくても良いし、ホント本人次第って所ですな。
基本的に「安い」とは思うんですが、通販とかでちょっと変わったのとか
買おうとすると意外と高かったりした記憶が…。

後は好みで「プラ棒」とか
ちょこっとした所で活躍しますよ、この材料。
あと「プラバン」とか「100均の木材」あたりも

大雑把に言いますと、こんな感じなんです
わたくしのドールハウスは<おいおい…

「こんなのドールハウスじゃねぇ!!~」と言う
御叱りの声がたくさん聞こえてまいりますが
わたくしに出来ますのは、せいぜいこんなもんで御座います。
あんな物も作りたい、こんな物も作ってみたいってのは確かにありますが
どうも、その勢いが長続きしないんですねぇ…わたくし。
なもんで、とにかく「早く」作れるのが一番なんですよ…ね。

ささささ、そして昔から趣味で集めていた小物とかを
これまた昔から集めてたり、ヤフオクで入手した小物と合わせまして、
で、ついでに100均で買った小物も飾りますと
わたくしの「ドールハウス」いや!
「ドールなハウス」の完成なのでございます!
↑意味不明…。DSC00121.jpg
DSC00124.jpg
DSC00126.jpg
DSC00130.jpg
DSC00135.jpg
DSC00138.jpg
DSC00139.jpg
DSC00140.jpg
DSC00143.jpg

こんな感じで御座いますですよ。

ルルルゥ~ルルゥ~ [玩具・改造]

かなり、かなり更新が滞っておりました…
結構色々とございましたもので…。

さて、何事も無かったかのように始めますけれど

以前の記事で「ケータイ捜査官7」が好きだと書きましたが、
その番組が先日、最終回をむかえまして…
これがまた中々に「涙」な最終回でございまして
その最終回の余韻に浸るべく、様々なブログやサイトを巡っておりましたトコロ、
とあるブログに行き着きました。

工作サイト改め六畳一間さん●

ブログ主さん作成の「食玩フォンブレイバー」用のフェイスデータ」が
各種、各ブレイバー用に揃えられています。

私も食玩フォンブレイバーは通販で大人買いした口ですから
これは試してみなければ!と思っていたんですが、
更にブログの以前の記事を読んでいくとそこに「偽モック云々」の文字が…。
何と、この方は815Tのモックアップから
ブレイバーの(815TPB)モックアップを作っていたのです。
(※モックアップ:実機の見本模型。携帯ショップ等に置いてある。)

そうなるともう、作りたくてしょうがなくなるわけです。
815TPBのモックアップもオークションで時々見かけるので、
それを落札出来れば済む話なんですけど、
まず金額がある程度すると言うのと、
何より「自分で作る」と言うのに憧れてしまったんです。

モック用のフェイスデータもブログで紹介されていますし、
これは完全に「決定」と言う事になりまして…。


え~と、そんなこんなで、ここからが本題です(笑)

「815Tのモックから815TPBのモックを作ろう!」

まず、何は無くとも「815Tのモック」が必要です。
近場で入手困難な場合は、オークションとかで探しましょう。
出来ればカラーはブラックかシルバーで(ゼロワン・セブン)
次に「PB X01」または「PB X07」。
これは手足のパーツになる部分で、SBショップで売っていたようなのですが、
現在ではほとんど売っていないようなので、やはりオークションで探した方が良いと思います。
※「01」はゼロワン用でブラック、「07」はセブン用でシルバー

私はオークションでモックを必要な数より少し多めに入手する事が出来たので、
まず使わないであろう色の1台を「バラバラ」にしてみまして
どんな構造になっているのかを調べ、なるべく簡単に作業出来るようにまとめてみました。
ちなみに、このバラバラにバラした状態を写真でアップしようと思いましたが
どう見ても「ゴミ」にしか見えなかったので、止めました(^^;

なお、改造等は怪我に気を付けて、あくまでも「自己責任」でお願いします。

では。

●最初に携帯を開いた状態で、ディスプレイ面のシールプレート?を剥がします。
写真の丸印のあたりにスキマが見えるので、デザインナイフ等を使って
ゆっくりと丁寧に剥がして行きます。ある程度剥がれると、後は手で剥がせます。

01.jpg

02.jpg

03.jpg

剥がしたプレートは、使わない「シール台紙」等に貼り付けておくと
埃が付きにくいし、後々の作業も楽になるのでおすすめです。


●次に、取り外したプレートの下の四隅にネジがあるので
精密ドライバー(+)ではずします。
下の「軸?のカバー」をはずします。
これは指でやってもはずれると思います。
その後、上のほうのクボミ?から
何か細くて丈夫なもの、ちなみに我家では精密ドライバーを使い
これもゆっくり丁寧に剥がしていきます。
ここは、本体に傷を付けやすい作業になるので、焦らないように。

基本的に、このモックのパーツは「両面テープ」でくっついているので、
ほとんどの作業は「剥がす」事になるのですが
その際、思わぬ所、思わぬ時に知らずに本体に傷を付けてしまったりするので
注意しながら作業して下さい。

04.jpg

写真ではくっつけたまま作業していますが、
ここまでバラすとディスプレイ側の本体カバー?が取り外せます。
次にディスプレイパーツの透明パーツを剥がし、
中の写真も剥がします。
この写真部分にブレイバーの顔画像を入れ替える事になります。

05.jpg

06.jpg

●次に先ほど取り外した「ディスプレイ側の本体カバー?」
815Tで言うところの「コーディネートパネル」が付いています。
これも剥がした方が作業がしやすいので、
またしても精密ドライバー等で剥がしていくのですが
「ストッパー」のようなものがあるために、若干面倒です。
そこでこのストッパーを(手の)爪で引っ張り出し、
空間を作ると作業が楽です。
また、裏側には「穴」が開いているので
そこから剥がしていくのも手です。

07.jpg

ここまでで、下の写真のようにバラしました。

08.jpg

●雑誌の写真等で確認すると
本編でのブレイバーには本体に余計な表示がありません。
(番号ボタンの下の方の表示とか)
そこで、それを消してしまおうというのが、ここでの作業です。
ちなみに、そこまでこだわらないと言うのであれば
飛ばして良い作業です。(^^;

ここで使用するのは「塗料はがし液」
DIYショップ等で売っていると思います。

0000.jpg

これを消したい文字の部分に少量付けて
綿棒等でこすります。
ほんの少し時間が掛かりますが、かなり綺麗に消えます。

※我家では本体の色消えはありませんでしたが一応「自己責任」でお願いします。

09.jpg

10.jpg

次に、一番最初に剥がしたプレートですが
思い切りメーカーのロゴが入っています。
今回は本体カラーがブラックと、シンプルな色なので
これもスプレーで消してしまいました。
使用したのは、前から使ってみたいと思っていた
「染めQ」と言うスプレーカラー。
普通の塗料より剥がれにくいとの事。

15.jpg

14.jpg

一応、取説の通りに使用したのですが
寒い部屋で作業したせいか、結構ムラの出る結果に…。
仕方ないので駄目もとで「コンパウンド」で磨いてみたところ
まぁまぁ見られるかなぁ…?くらいにはなったので
とりあえずOKに。

●次に「工作サイト改め六畳一間」さんから頂いたデータを元に「顔」をプリントアウト。
(紙質はお好みで)
使用する大きさにカットした後、本体にセットするのですが
最初に付いていた写真から「厚み」の部分だけを流用すると
ピッタリと収まるのでおすすめです。

●後は今までと逆の手順で組んでいけば
ディスプレイ面の作業は終了です。

コーディネートパネルに関しては
時計の部分をマスキングしてスプレーすれば完成です。
本体には両面テープ等で貼り付ければ良いと思います。

ちなみに、今回はちょっと試してみたい事があって
まだコーディネートパネルを完成させていません。
上手くいったらアップしようと思いますので
しばしお待ちを…。

●最後の作業は本体裏(下?)のカバーを剥がします。
写真の丸印の部分あたりだと、中にくぼみもあり、
また手足パーツを付ける事により傷を隠せるので
(ここだけはどうしても本体に傷が付く)
ここから精密ドライバー等を使って剥がして下さい。
ここも、ある程度剥がれると、後は手で剥がせるので、
ゆっくりと丁寧に作業して下さい。

11.jpg

剥がした後は、そこに残った両面テープのカスを綺麗にして
おしまいです。
(写真は、しっかりカスが残ってますけど…)

12.jpg

●以上で、作業終了です。
後は本体に手足パーツを取り付けて
思う存分遊びましょう!
ちなみに、実機を触ったことが無いので断定出来ませんが
先ほど剥がしたモックの裏面は、実機と同じ構造になってるっぽいので
手足パーツはそのままちゃんとセット出来るようです。
とは言え、個体差等もあるでしょうから、
不安な場合は、しっかり接着するとかした方が良いかもです。

あ、そう言えば
今回使用している写真は、最初にバラしたモックの後に
更にシミュレーション用としてバラしてみたものです。
石橋を叩いて渡る性格なもので…(^^;
そんなわけで、本体カラーが違っていたわけです。
本チャンでは、ちゃんとカラーを合わせました。

さて、後は主役なカレと、
余力があれば、キレルと怖いあのカレと…


●最後に
今回、この作業をするにあたって
そのキッカケを作って下さった
工作サイト改め六畳一間」さんには本当に感謝致します。
ありがとうございました。


久々の記事が、こんなに長くなってしまいました…。
一気に書いたので「誤字・脱字」とか
そもそも文章がおかしいとか…
諸々あるとは思いますが、
そこはひとつ、あたたかい目で見守って頂けると…


001.jpg

001_02.jpg

「ふとした思いつき」(でも、きっとやらない…) [玩具・改造]

我家の「かすたま」を見ているうちに
「ああ、そう言えばこの髪形は「かしゆか」を意識したんだっけなぁ」
とか思ってるうちに…。

あ、「かすたま」でPerfume作りたいかも…なんて
相当に無謀な事を思いついたりして…。

いや、待て!
そもそも素体を買う金も無いし、
もしあったにしても、あの衣装はどうする!?
更に「あーちゃん」の髪型なんて、初心者には難しすぎるし!
難題山積みだぁ~

て事で、多分思いつきのままで終わると思います(^^;

それとも「ピンキーSt」で作るか…。

う~む。
とにかく、何かを作りたくてしょうがない今日この頃(笑)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。