So-net無料ブログ作成
検索選択

だって好きなのだもの… [雑記]

ちょいと間が空きました(^^;…

「コーディネイトパネル」の件ですが、
試してみようと思っていた事は、
クリアーパネルの裏から色を塗ったらどうだろうかとか、
色を塗るのではなくて、カッティングシートを
貼り付けたらどうだろうかなんて事でして…。

まぁ、試した結果
これもあくまで個人的な見解ですけども、
普通に色を塗ったほうが良さ気です(爆)…。

で、

結局今回行き着いた結論とでも言いましょうか、
自分的に「気持ち」入れて作ってきてしまったので(笑)
出来る限り「本物っぽく」したいなぁ…と思い
だったら入手可能な「本物」を使いましょと言う事で…

SBショップ注文・購入と相成りました(^^;

模様が無く、単色のものなら1枚¥1,050で買えるようです。
詳細は「fanfun. 815T Special Site」で調べてからどうぞ。
ショップで聞いたところによると、
モノによっては売り切れの場合もあるかもとの事。

ちなみに、まったく同じ指定番号?で
本体裏のカバーもあるようなので
(手足パーツを着ける時に外すカバーです)
もし注文しようと思われた方は、
注意したほうが良いです。

DC.jpg
さて、その話とは全く関係の無い
今回の画像ですが…。
これ、すべて「ダーククリスタル」と言う
映画のLD&DVDです…。

輸入版やら何やらで、
本編には殆んど違いが無いのに
日本語吹替えの有無や、
値段が高くてスルーしていたものが
最近になって半額で売っていたりと言う理由で、
気が付くと買ってしまっているんですよねぇ…
とにかく好きなんです。

本家Amazonではブルーレイの予約も始まっているのですが
どうも発売日が明記されていないんですよ…。
まぁ、とりあえず注文はしましたけど…。

で、何で急にこの話題なのと言えば…

修理から戻ったデジカメの試し撮りで
この写真を撮ったもので…。

何と言う事でしょう… [雑記]

前回書いていた
コーディネートパネル」で試したい事…は
未だ完成しておりません。と言うか
まだ結論が出ていません(^^;
もうしばらくお待ちを…

さて、その改造記事でも活躍しておりました我家のデジカメですが、
どうも調子が悪く、カスタマーに電話したら「故障かもしれませんね」と
言う事で「修理センター」行きとなってしまいました。

まだ保証内だから良いけど、
でもやっぱり、あまり好い気はしないな…。


そうそう
「超合金セブン」買ったです。
確かに喋るのは楽しいけども、個人的には「触った感じ」と言うか
「佇まい」と言うかは、モックの方が好みかも。
ナンバーキーは完全な「飾り」みたいだし…。
とは言え「ゼロワン」や「サード」が超合金で発売!とかなったら
やっぱり買っちゃうんだろうなぁ…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ルルルゥ~ルルゥ~ [玩具・改造]

かなり、かなり更新が滞っておりました…
結構色々とございましたもので…。

さて、何事も無かったかのように始めますけれど

以前の記事で「ケータイ捜査官7」が好きだと書きましたが、
その番組が先日、最終回をむかえまして…
これがまた中々に「涙」な最終回でございまして
その最終回の余韻に浸るべく、様々なブログやサイトを巡っておりましたトコロ、
とあるブログに行き着きました。

工作サイト改め六畳一間さん●

ブログ主さん作成の「食玩フォンブレイバー」用のフェイスデータ」が
各種、各ブレイバー用に揃えられています。

私も食玩フォンブレイバーは通販で大人買いした口ですから
これは試してみなければ!と思っていたんですが、
更にブログの以前の記事を読んでいくとそこに「偽モック云々」の文字が…。
何と、この方は815Tのモックアップから
ブレイバーの(815TPB)モックアップを作っていたのです。
(※モックアップ:実機の見本模型。携帯ショップ等に置いてある。)

そうなるともう、作りたくてしょうがなくなるわけです。
815TPBのモックアップもオークションで時々見かけるので、
それを落札出来れば済む話なんですけど、
まず金額がある程度すると言うのと、
何より「自分で作る」と言うのに憧れてしまったんです。

モック用のフェイスデータもブログで紹介されていますし、
これは完全に「決定」と言う事になりまして…。


え~と、そんなこんなで、ここからが本題です(笑)

「815Tのモックから815TPBのモックを作ろう!」

まず、何は無くとも「815Tのモック」が必要です。
近場で入手困難な場合は、オークションとかで探しましょう。
出来ればカラーはブラックかシルバーで(ゼロワン・セブン)
次に「PB X01」または「PB X07」。
これは手足のパーツになる部分で、SBショップで売っていたようなのですが、
現在ではほとんど売っていないようなので、やはりオークションで探した方が良いと思います。
※「01」はゼロワン用でブラック、「07」はセブン用でシルバー

私はオークションでモックを必要な数より少し多めに入手する事が出来たので、
まず使わないであろう色の1台を「バラバラ」にしてみまして
どんな構造になっているのかを調べ、なるべく簡単に作業出来るようにまとめてみました。
ちなみに、このバラバラにバラした状態を写真でアップしようと思いましたが
どう見ても「ゴミ」にしか見えなかったので、止めました(^^;

なお、改造等は怪我に気を付けて、あくまでも「自己責任」でお願いします。

では。

●最初に携帯を開いた状態で、ディスプレイ面のシールプレート?を剥がします。
写真の丸印のあたりにスキマが見えるので、デザインナイフ等を使って
ゆっくりと丁寧に剥がして行きます。ある程度剥がれると、後は手で剥がせます。

01.jpg

02.jpg

03.jpg

剥がしたプレートは、使わない「シール台紙」等に貼り付けておくと
埃が付きにくいし、後々の作業も楽になるのでおすすめです。


●次に、取り外したプレートの下の四隅にネジがあるので
精密ドライバー(+)ではずします。
下の「軸?のカバー」をはずします。
これは指でやってもはずれると思います。
その後、上のほうのクボミ?から
何か細くて丈夫なもの、ちなみに我家では精密ドライバーを使い
これもゆっくり丁寧に剥がしていきます。
ここは、本体に傷を付けやすい作業になるので、焦らないように。

基本的に、このモックのパーツは「両面テープ」でくっついているので、
ほとんどの作業は「剥がす」事になるのですが
その際、思わぬ所、思わぬ時に知らずに本体に傷を付けてしまったりするので
注意しながら作業して下さい。

04.jpg

写真ではくっつけたまま作業していますが、
ここまでバラすとディスプレイ側の本体カバー?が取り外せます。
次にディスプレイパーツの透明パーツを剥がし、
中の写真も剥がします。
この写真部分にブレイバーの顔画像を入れ替える事になります。

05.jpg

06.jpg

●次に先ほど取り外した「ディスプレイ側の本体カバー?」
815Tで言うところの「コーディネートパネル」が付いています。
これも剥がした方が作業がしやすいので、
またしても精密ドライバー等で剥がしていくのですが
「ストッパー」のようなものがあるために、若干面倒です。
そこでこのストッパーを(手の)爪で引っ張り出し、
空間を作ると作業が楽です。
また、裏側には「穴」が開いているので
そこから剥がしていくのも手です。

07.jpg

ここまでで、下の写真のようにバラしました。

08.jpg

●雑誌の写真等で確認すると
本編でのブレイバーには本体に余計な表示がありません。
(番号ボタンの下の方の表示とか)
そこで、それを消してしまおうというのが、ここでの作業です。
ちなみに、そこまでこだわらないと言うのであれば
飛ばして良い作業です。(^^;

ここで使用するのは「塗料はがし液」
DIYショップ等で売っていると思います。

0000.jpg

これを消したい文字の部分に少量付けて
綿棒等でこすります。
ほんの少し時間が掛かりますが、かなり綺麗に消えます。

※我家では本体の色消えはありませんでしたが一応「自己責任」でお願いします。

09.jpg

10.jpg

次に、一番最初に剥がしたプレートですが
思い切りメーカーのロゴが入っています。
今回は本体カラーがブラックと、シンプルな色なので
これもスプレーで消してしまいました。
使用したのは、前から使ってみたいと思っていた
「染めQ」と言うスプレーカラー。
普通の塗料より剥がれにくいとの事。

15.jpg

14.jpg

一応、取説の通りに使用したのですが
寒い部屋で作業したせいか、結構ムラの出る結果に…。
仕方ないので駄目もとで「コンパウンド」で磨いてみたところ
まぁまぁ見られるかなぁ…?くらいにはなったので
とりあえずOKに。

●次に「工作サイト改め六畳一間」さんから頂いたデータを元に「顔」をプリントアウト。
(紙質はお好みで)
使用する大きさにカットした後、本体にセットするのですが
最初に付いていた写真から「厚み」の部分だけを流用すると
ピッタリと収まるのでおすすめです。

●後は今までと逆の手順で組んでいけば
ディスプレイ面の作業は終了です。

コーディネートパネルに関しては
時計の部分をマスキングしてスプレーすれば完成です。
本体には両面テープ等で貼り付ければ良いと思います。

ちなみに、今回はちょっと試してみたい事があって
まだコーディネートパネルを完成させていません。
上手くいったらアップしようと思いますので
しばしお待ちを…。

●最後の作業は本体裏(下?)のカバーを剥がします。
写真の丸印の部分あたりだと、中にくぼみもあり、
また手足パーツを付ける事により傷を隠せるので
(ここだけはどうしても本体に傷が付く)
ここから精密ドライバー等を使って剥がして下さい。
ここも、ある程度剥がれると、後は手で剥がせるので、
ゆっくりと丁寧に作業して下さい。

11.jpg

剥がした後は、そこに残った両面テープのカスを綺麗にして
おしまいです。
(写真は、しっかりカスが残ってますけど…)

12.jpg

●以上で、作業終了です。
後は本体に手足パーツを取り付けて
思う存分遊びましょう!
ちなみに、実機を触ったことが無いので断定出来ませんが
先ほど剥がしたモックの裏面は、実機と同じ構造になってるっぽいので
手足パーツはそのままちゃんとセット出来るようです。
とは言え、個体差等もあるでしょうから、
不安な場合は、しっかり接着するとかした方が良いかもです。

あ、そう言えば
今回使用している写真は、最初にバラしたモックの後に
更にシミュレーション用としてバラしてみたものです。
石橋を叩いて渡る性格なもので…(^^;
そんなわけで、本体カラーが違っていたわけです。
本チャンでは、ちゃんとカラーを合わせました。

さて、後は主役なカレと、
余力があれば、キレルと怖いあのカレと…


●最後に
今回、この作業をするにあたって
そのキッカケを作って下さった
工作サイト改め六畳一間」さんには本当に感謝致します。
ありがとうございました。


久々の記事が、こんなに長くなってしまいました…。
一気に書いたので「誤字・脱字」とか
そもそも文章がおかしいとか…
諸々あるとは思いますが、
そこはひとつ、あたたかい目で見守って頂けると…


001.jpg

001_02.jpg

「触るほど楽しい…」 [買い物]

え~と
前回のデジカメに続き、
ちょっとした買い物をしてしまいまして…。

まぁ、そんなもったいぶって?紹介するほどのモノではありませんが。



↑ これです(^^;
正確に言うと、これの旧世代機なんですけどね…。
地元の電器屋で、割とお安く売ってまして
おおっ、この値段なら買っても良いかなと思ってしまい
あんまり深く考えもせず(爆)
勢いのままレジへと…。

でね、家帰ってきてから調べてみたらね
そりゃあ安くもなりますよ…
だって「新型」が発売されたんですから(T T)
しかも今回買った値段に数千円足した値段で…。

でも良いんです。
本体のOS?をアップデートしたので
一応新しい機能は使えてるみたいだし
何よりこの「iPod touch
触るのが楽しい!!
音楽を聴く時も、動画を観る時も
画面を触って操作をするのですが
ただ触るだけじゃなくて、スライドさせるように触ったり、
長押しする事によって、変化があったりと
兎に角面白い!

毎日、何かしら遊んでます(^^)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「デジカメ購入」 [雑記]

今までずっと、ブログにアップする写真
携帯電話」で撮ったものを使っていました。
と言うのも、元々持っていたデジカメが、もう10年くらい前に買ったもので
それよりも、現在の「携帯電話」の方が「解像度」が高かったからと言う
何とも情けない理由でして…。

まぁ、それでもちょっとしたものを撮ったりするのには特に問題も無いし
何より、普段から写真撮ったりすることがあまり無かったんで
「別に携帯で十分かな~、新しいデジカメ買うまでもないか…」
何て思ってたんですが。
ココ最近、「かすたま」をはじめ、色々と創作活動?にハマって来まして
せっかく作ったんだから綺麗に撮りたいとか、
調べてみたら思いのほかデジカメが安くなってる!とかあって、
思い切って購入してしまいました!。

購入したのは「PENTAX Optio E60」と言うカメラ
ネット通販、実売価格¥15,000くらいでした。
まだ届いたばかりで、殆んど使い方も良く分かっていませんが(^^;
何か最近のデジカメは凄い事になってるんだな…って事は分かりました。

それと、更にビックリしたのが「SDカード」の値段!
4Gのカードが¥1,000前後って何!?8Gだって¥2,000前後だし…。
ちなみに友人のアドバイスを参考に、今回は4Gを2枚購入。
自分的には8G1枚を予定してたんですが、撮りためた時の整理が面倒だよと言う事と
2枚だと、1枚を予備的に使えると言うことで。

まぁ、そんなわけでとりあえず最初に何を撮ろうか
一応悩んだりもしましたが(笑)
何となく近くにあった「プライズもの」の「大魔神」があったので
それを撮ってみました。
ただ、カメラは新しくなっても、撮影環境はそのままだし
ブログにあんまりデカイ画像のっけてもアレなので
携帯で撮ったのと、どこか違いが分かるかと言うと…
実はあまり変わらないかも…な感じですが(汗)
ふ、風景とか…、人物写真とか…、これから撮ってくのに
デジカメの方が絶対便利だと思う…な。

多分。
majin01.jpg
majin02.jpg

「ふとした思いつき」(でも、きっとやらない…) [玩具・改造]

我家の「かすたま」を見ているうちに
「ああ、そう言えばこの髪形は「かしゆか」を意識したんだっけなぁ」
とか思ってるうちに…。

あ、「かすたま」でPerfume作りたいかも…なんて
相当に無謀な事を思いついたりして…。

いや、待て!
そもそも素体を買う金も無いし、
もしあったにしても、あの衣装はどうする!?
更に「あーちゃん」の髪型なんて、初心者には難しすぎるし!
難題山積みだぁ~

て事で、多分思いつきのままで終わると思います(^^;

それとも「ピンキーSt」で作るか…。

う~む。
とにかく、何かを作りたくてしょうがない今日この頃(笑)

「M.ナイト・シャマラン」 [雑記]

「6センスは面白かったんだけどねぇ…」と言う意見を
実際に私のまわりでも結構聞いてしまうこの監督ですが、
やっぱり世間の感覚も同じなんですかねぇ…

と言うのもですね
実はこの監督の作品…
私は大好きなんですよ(^^;
まぁ、そうは言いましても
好きなんだと「確認」したのは、つい最近でして…

その「人気の無さ?」からか、彼のDVDが激安で売っておりまして
元々「6センス」は好きでしたから(DVDも持ってるし)
この値段で買えるならと「サイン」と「ヴィレッジ」を
2枚合計千円ちょっとで購入。

で、これを観たらですね
性に合うとでも言うのでしょうか
最後まで実に面白く観る事が出来まして…。
思わず他の作品も揃えちゃおうかと思うほどでございます。

でね、これまたブルーレイでも出てたりするんですよ…
いやぁ…、悩ましい…(笑)

と言うところで、まったく関係ありませんが(爆)
思いっきり安くなったHD-DVDソフトをアマゾンで発見。
観賞可能な条件の方に、如何でしょうか
(M.ナイト・シャマラン作品では無いですが…)

いつまでこの値段か分かりませんけど(^^;








M:i:III スペシャル・コレクターズ・エディション

M:i:III スペシャル・コレクターズ・エディション

  • 出版社/メーカー: パラマウント ジャパン
  • メディア: HD DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「カスタマイズフィギュア」また更にその続き… [玩具・改造]

まぁ、特に何か作ったとか
そんなのでは無いのですが

結構、そのまま使えるぞと言う小物を入手しましたんで
紹介してみようかなと…
知ってる人には「今更…」なものばかりですけどね(^^;

前から言ってた「靴」ですが
ご存知の方にはお馴染みの「リーメント」から
「おでかけ靴バック」と言うのが出てまして(食玩)
今回はその中から「古着の街でお買い物」ってのを
ヤフオクで入手。
正直、色合いが好みでは無いんだけれど
色を塗り直すのも面倒だし、後々色写りとかも心配だしで
何もいじりませんでした。
ちなみに、そのままでは履けないので、足首パーツを外して履かせてます。
それでも、すこーし窮屈(キツキツ)な感じ。他の靴だとどうなんだろ?

やっぱり「自作」も考えておこう…。

もうひとつ。
同じくリーメントの「カフェテーブル」という食玩。
これまたヤフオクで入手しました。
この辺のサイズは思っていた以上にカスタマに合いそうですねぇ
リーメントの食玩って、多分「リカちゃん」とかに合わせてるっぽくて
で、カスタマとリカちゃんのサイズが同じくらいってのを何かで見たんですよ。
だからそれほど違和感を感じないのかなと…。
こう言う食玩って、普通に1/6サイズのフィギュアとかだと
「小さくて駄目」って事が結構ありましたから(経験あり)。

でもって、何故か(笑)家にあった小物(食玩)を
ちょっと飾ってみましたけども…
どうも季節感が…(爆)
ごめんなさい、これしかありませんでした。
customize001.jpg
customize002.jpg


あ、そろそろ違う格好もさせてあげたい…

「カスタマイズフィギュア」更にその続き… [玩具・改造]

結局「ドールヘアー」やら「小物制作」やらと、色々試したこの数日。
ひとまず「一段落」と言った感じ。
とりあえず「初めて」の「カスタマイズフィギュア」と言うことで
あまり「高望み」はしないで、後は少しずつ修正・追加を
していけば良いかな…と。

色んなサイトとかブログを参考にして
初めて試した「お湯パーマ」とか
「コピック」での「メイク」とか
ホントに「初めて」つくしで大変でしたが
他の玩具改造とかにも使えそうなテクニックとか
色々と勉強することも出来て、かなり面白かったです。

今回、自分的な「プチテーマ」として
「なんちゃってバンド少女」と言うのがあったのですが
せっかく、丁度良いサイズのギターとアンプがあるのに
それを繋ぐ「シールド」が無いのは勿体無いなと思いまして
せめてそれぐらいは自分で考えて作ろう!と言うことで
以下、その「シールド」製作法です。

ただですね、途中の写真を撮り忘れてたり
そもそも「携帯電話」で撮影した写真で
全然画像がクリアーじゃなかったりするので
万が一、実際に作ろうと思った人がいたとして
参考になるものかどうかは、かなり怪しいです…

使用したのは、模型屋で買ってきた「モーター用?コード」
それから100均で買ったビーズ細工か何かに使う「ピン」
c01.jpg
作業工程としては、コードを適当な長さに切り、その両端に、
これまた適当に切ったピンを取り付けるのですが
まず、「ピンをそのままコードに挿し込めば簡単ぢゃん!」
何て事を考えたわけですが、このコード、
当然ながら中には電線が通っておりまして
これがピンの挿込を阻みます。
そこで、ピンを挿し込む位の長さだけ、
コードの端に(数ミリ程度)縦に切り込みを入れて
開けるようにし、その部分の電線をニッパー?で切り取れば
後はその電線の無くなった部分にピンを挿し込んで
(切り開いたコードで挟む形で)接着します。

今回購入したこのコードには、このコードが通る位の
短い中空のコードが別に入っていまして、
(上の写真で見ると「黒いコード」)
これをシールドの「カバーにします。
先ほどの「端にピンを挿したコード」に逆方向から
(ピンを挿した後だと、その方向からは黒コードが入り難い)
適当に切った黒コードを入れて行き、
ピンを押さえ込む感じで接着すればOKです。

って、分かりますかねぇ…
ここの作業の部分、作業に夢中で
まったく写真を撮ってない…
一応ここまで作業したものが↓
c02.jpg
で、後は「黒いコード」の部分をシルバーに塗れば
(この部分がシルバーじゃないものもあるので、其の辺はお好みで)
一応は「シールドに見えるもの(爆)」の完成です。

あ、それから肝心な事を…
ギターとアンプのシールドが繋がる部分には
ピンの太さに合わせて「ピンバイス」か何かで
穴を開ける必要があります。
なので、出来れば穴を開けたくないとか
失敗するのが嫌!と言う方には
あまりおすすめ致しません(^^;
いずれにしましても、
わざわざ言うまでも無いことですが
あくまでも「自己責任」と言うことでお願いします(^^;。

と言うわけでございまして
こんな感じになりました…。
c03.jpg
c04.jpg
c05.jpg

何となく…
頭がでかいような気がするとか…
やっぱり「靴」は何とかしたいなとか…
言い出したらキリがありませんが
「はじめてのカスタマイズフィギュア」
これにて、ひとまず終了でございます…。

いや、別にそんな大そうな記事でも無いんですがね…。

「カスタマイズフィギュア」続き… [玩具・改造]

前回紹介した作例の「ギターストラップ」ですが、
本日、新たな素材を入手致しまして、
一応Ver.2と言う事で「完成」となりました。

実は昔「バンド」とか組んでいたんで、
本物のストラップなんかも、探せば家のどこかには
あると思うんだけど、さすがに10年以上も前の話なんでねぇ…
どこにしまったのかも、まるっきり覚えてないし
ストラップの構造なんて、すっかり忘れてました(^^;
なので、「うつる図工室」様の記事には
ホントお世話になりました。
このストラップ、ちゃんと長さ調節も出来るんですよ!

これからも「カスタマイズフィギュア」を楽しんで行けそうです!

そう言えば一応、前回の資料?ですが
フィギュアベース:女の子
頭部:おっとりいいんちょ
ドールアイ:アクリル(多分8mmだと思う…詳細不明…)
服:リーメント(食玩)「ガーリースタイル」の組み合わせ
ギター:F-toys confect.(食玩)「FENDER GUITAR COLLECTION
その他:オークションで入手した(食玩?)「アイボ」。など等…。

さて、今度はドールヘア仕様を目指すか…
その前に靴を何とかするべきか…
悩ましいところだ(笑)

customize2.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。